薄給ワーママの呟き2024

2024中学受験を迎える娘との学習メモ

6月全統結果、ジュニア算オリトライアル結果

全統小結果が返却されました。

小5長女 算数 71 国語 64 理科 59 社会 54
 今回は算数満点取ってほしかったです。最後の問題をきっちり取ったのに、最初の方でくだらないミスをしていました。毎度のことですが、長女の場合ミスありきで考えないとだめですね。

小2次女 算数 64 国語 62
 長女は小2のときは既にいろいろ勉強していたような気がするのですが、現在次女は全く勉強していません。保育園時代に自習していたそろばんももうできなくなっているし、算数は嫌、漢字も忘れたと言って何もやりません。私も無理強いしないので、野生児になっています。本だけは長女と一緒の難しめを読んでいるかな。ただミスをしないタイプなので、テストでは実力以上の結果はもぎとってきているように感じます。算数は最後の問題など手を付ける気もなく、それだったら前の方の問題を見直すと言っています。そういうタイプも有だと思うので、次女は次女らしく育っていってほしいです。


さて、ジュニア算オリは、無事に予選通過できました。5000円近くするお高い過去問を購入したのに、全然終わらずにヤキモキしましたが、過去問と同じ問題が出るわけではないし、と腹を括って臨んだトライアル。ミスはありつつも、実力が十二分に発揮できた問題もあり、トータルでは実力通りの結果で後悔はなし。本人は確実に通過していると感じられる手応えだったらしく、トライアル直後は興奮した感じでしたが、結果発表後は喜ぶ私を眺めて冷静でした。

 私は「予選通過」がとても嬉しかったです。コロナもあって、小3と小4は受けませんでしたが、小2のときにはキッズbeeに挑戦しており、当時、算オリ系は太刀打ちできないと感じていたからです。数年後に娘が(ジュニア)算オリに挑戦するなど考えられない、できる子との実力の差、問題の難しさに心が負けて、いわゆる中堅女子校の算数さえできればいいと思っていました。ここまで来れるなんて、親の想定を超えてる。もう私は娘を導けないことがはっきりしました。ひとつひとつの問題を一緒に考えたり、答えを見て分かった問題のヒントを出したりはできても、もっと難しい問題に挑戦させたり、これはできるはずだと信じてあげたりが難しくなってきました。
 ファイナルまで日数も少なく、特にできることはありませんが、たまった塾の宿題を最低限こなし、過去問を数年分解けたらいいなと思っています。