薄給ワーママの呟き2024

2024中学受験を迎える娘との学習メモ

実力診断SO申し込みと、娘の自走

 今週末の実力診断サピックスオープン、申し込みました。Jr.算オリ過去問も全然終わってないのに、あれこれ手を出していいのかな。と、ぎりぎりまで迷っていたのですが、娘が受けたいというので。なんでもかんでも受けたがるんですよね。お金と時間がもったいない!というほどのことでもないかなと思ったのと、私も結果に一喜一憂したりできるイベントとして、楽しませてもらえるのだから安いもんか。と思って。
 サピのお友達に会えたり、外部生の部屋に自塾のお友達が沢山いたりするのも楽しいみたい。前回4年生で受けた時、学校のお友達(サピ生)に会って「おまえ算数の最後の問題、なんて書いた?」「それ間違い。俺は合ってた」と言われたエピソードとかも、今も楽しく思い出して、次はリベンジしたいそうです。

 中学受験の自走という話を聞きますが、何もかも一人でやるのが自走だとは私は思ってません。それ、独走。さみしい。自走というのは、走るスピードを子どもが決めること。教材コピーも、Web問題集のダウンロード&印刷も、私がやっています。でもスケジュール管理は子ども。今日は遊びに行く。週末は何を勉強する。などを自分で決めています。昨晩は、付箋に「明日遊びに行くために、今日やること」をメモしているのを見つけました。結局全然終わっていないまま、今日は遊びに行きましたけど、それでもいいです。大人になっても、自分でスケジュールしたことができないことってよくあるし。付箋に書いたこと自体に成長を感じました。

 将来、自分のやりたいことを基準に生きていけるようになるためには、小さいころにあまり強制されたことをやっちゃいけないんじゃないかと思います。
 私は中学受験もしたし、大学受験もして、楽しいことも沢山ありましたけど、基本「我慢して」「辛くても」やるみたいなところがあります。片や夫は、中受なし大受は手抜き(義母曰く、寝てばかりいた)でも、最終学歴は私よりも良く、出世もしている。もともとの地頭が違うとか言わないでね。能力は、同じだと思うんです。メンタルが、違う。取捨選択能力がある。やりたいことしかやらない。やりたくないことは、あっさり捨てられる。
 私はやりたくないことを、「やりたくないけどやらなくちゃ」と思いながら、ダラダラやっている。人生はやりたくないことをダラダラやるほど暇じゃないので、やりたい、やりたくないをキチンと判断できないといけないなと最近思っています。

 娘たちは、今はメンタルもすくすく育っていて、「やらなきゃ」と自分を追い込んだりもせず、結果が悪くても落ち込まず、夫に似て趣味の時間をしっかり確保して生きています。長い目で見たら私は口出ししないのがよかろう。と、勉強をさっぱり見ていない、促しもしないでいたら、夫が「最近勉強させなくていいの?」と聞いてきたくらいは、今、自走。(塾には問題なくついていっているので、オールOK。)