薄給ワーママの呟き2024

2024中学受験を迎える娘との学習メモ

2022あけましておめでとうございます

 うー寒い。いよいよ2022のシーズンが始まりますね。長女が年長の頃から受験ブログを読み始めたので、2022の先輩方は勝手に身近に感じており、その先輩方がついに最終局面を迎えるのかと思うと感慨深いです。そんなことを考えているうちに、我が家も4年が終わろうとしているわけで、のんびり他人事のようには言っていられなくなるのかもですが。


 娘たちの近況ですが、次女は結局くもんの算数はすぐに飽きて体験のみで止め、代わりにくもん英語を始めました。まだCの冊子で非常に簡単なこともあり、完璧に自学自習(親の声掛けすら不要)で進めています。ただ次女は大文字小文字が全くわかっておらず、単にE-Pencilで聞いた通りに繰り返しているだけなので、この先Dになって書く練習が始まると早晩躓くのではないかと危惧しています。のんびり進めてくれてかまわないんですけど。それより算数。長女と比べると、約半年~1年の進捗遅れがあります。生まれ月の問題もあるし、、、などと甘やかしていたら差が広がる一方となっています。どーしよー。ま、二番目というのはいつだってあまり心配されないんですけどね。


 長女の方はといえば、進捗は塾にお任せしていて、私は塾での話を聞いたり、塾指定のテキストを購入してコピーしたりするくらいです。なお、成績は決して良くはなく、信じられない間違いを山ほどするので、あまり見たくない感じです。塾の授業がわからなくて困るということはないので、内容面での併走は必要なく、勝手にやってくれています。先生の指導やモチベーションのあげ方が上手なのでしょうね。自宅学習は大変コスパよしではありましたが、モチベーションの管理が難しかったです。得意教科(算理)は家でもできますが、苦手教科(国社)の圧倒的な作業量は集団塾にいるからこそできていることです。費用対効果を心から納得できる良い塾が近くに見つかって本当に良かったです。

 新学年に向けた実力テストは今週末。長女は自由人なので、実力テスト対策などは一切せず、配られたばかりの歴史資料集に見入っています。実力テストがゴールではないので、いいんですけど。大体いつもこんな感じで過ごしています。
 Jr.算オリも今年はやるというので過去問を購入しました。過去問、高い!ブルーバックスもやっておきたいというので購入しましたが、塾の宿題などもあって、昔の過去問など全部できるとは到底思えません。
 サピの組み分けは受けるかどうかまだ迷い中です。SOは最寄り校舎で受けることができたのですが、組み分けは入塾テスト扱いなので、募集停止となっている最寄り校舎では実施されず、遠い校舎までいかなければならないからです。そこまでして受ける必要もないかなと思えて。

と、こんな感じで進めています。ではまた。