薄給ワーママの呟き2024

2024中学受験を迎える娘との学習メモ

10月進捗

 小4長女、10月の塾の確認テストでは、直前に社会を詰め込んだ成果が表れ、算>理>社>国と、社会が国語を逆転し理科に漸近する結果となりました。いつも4科の最下位だった社会ですが、やればできると思えたことが成果です。

 算数は平面図形が範囲でしたので、ここぞと算数星人にとりかかり鍛えましたが、難しい問題が全く出題されなかったので、1ミスが響いて凡庸な結果に終わりました。稼ぎ頭の算数が牽引できずに4科の偏差値はdownですが、偏差値は問題傾向にもよるのであまり気にせず、順位や内容を注視しています。その観点では6月、7月、8月と特に変わりませんでした。

 もはや、ミスがなかったら~などと考えるだけムダムダムダぁと最近は実感しております。必ずミスがあり、その上で合格点を取らないといけないのです。オトナになってもそう。しょっちゅうミスする人が許されるのは、その人が圧倒的な能力を持っている場合に限ります。


 さて、ほったらかされている小1次女ですが、11月の公文の体験を申し込みました。私は英語をやらせたく、本人は算数と国語をやりたいという。算数は私がつくったプリントで十分じゃないかと思うのですけど。最近難しくなってきたので計算プリントに逃げたくなったのかなぁ。国語は割とできるので、簡単な文章題には取り掛かっており、もう計算練習ばかりというフェーズでもなくなってきているのに、今更公文の算数??勿体ないと思ってしまいます。